インテリアコーディネーター資格スクールIBA
インテリアコーディネータースクールIBAへ

リリーの薔薇園


アトリエギイの最近の仕事を紹介
7月末に完成しました仕事です。
蔵前にある中国茶&カルチャースクールを経営してる”リリーの薔薇園”という新店舗のリニューアル工事。
5月始めにお話を伺いプランニング、見積りなどのスケジュールを経て6月中旬より工事に取りかかり7月末に完成しました。
中国の若い女性がオーナー、上海に本店があり、日本店のリニューアルです。
スペースは今までの店舗の半分以下、そこに中国茶のカフェを併設したい希望。
プランニングを何回となく変更を重ねてより希望に近いプランが出来上がったと思います。
期間もないなか良くここまで出来たな、と言う気持ちです。
造作家具の製作もあり、少々、狭いところではありますが素敵な店舗になっています。

お茶関係の販売スペース、カフェ&カルチャースクールスペース、オフィススペース、それぞれ狭いながらも存在感のあるスペースづくりが必要となり主張しながらもつながりを作りる、そんな空間が出来ていると思います。

これから、中国茶だけでなく世界のお茶を扱って行きたいとオーナーの考え。
中国茶ではありますが”リリーの薔薇園”という店舗名なので店内の一部にアクセントウオールとして薄いグリーンの薔薇の柄が入ったものを使用.床は石貼り風のシートを施工。
優しい雰囲気の中国茶のショップ&カフェスペースが出来上がったと思います。

お茶は自然栽培の良質なお茶をお出しするとの事。
一度.行かれてお店の雰囲気、ショップ、カフェでお茶を味わってみて下さい。
リリーの薔薇園のホームページをお知らせいたします。
DSC_0722

DSC_0718

DSC_0717

久しぶりにブログ投稿


ブログ担当が不在でしたのですっかりご無沙汰です。
新しい情報も発信出来ず申し訳ありません。
これからは私(校長)が書いて行こうと思っています。
今年、プロコースのインテリアデコレーター科のクラスが6月より開講いたしました。
基礎科とは違ってプロ養成ですので人数は少ないですがレベルアップ出来ることは必ずです。
モデルハウス、モデルルームの作り方。
マーケティングから始まりデベロッパーに向けてのプレゼンテーションの仕方、そのノウハウを学びます。
今期の方は店舗デザイナー、インテリアコーディネーター、一級建築士の方々。
それぞれお仕事をされていながら勉強に来られています。
マーケティングはどこに建物が建つか、それにより購入する人、価格が決まります。
生活スタイルも分かって来ます。
ターゲットを間違えるとモデルの役割が失敗してしてしまいます。

その部屋、住まいを見て夢を膨らます、それがポイントです。
年収に合わせて家具からインテリア雑貨迄、家の中の飾りつけ、生活を作って行くのです。
飾り方の勉強、照明のあてかたなど全てをトータルに作りあげます。

このデコレーターの授業はインテリアだけでなく全ての開発業務に係わる方は知っておくと良い内容です。

当校はインテリアの基礎が足りていないと思われた時は補講をしながら授業を進めて行きます
生きている授業になっています。

是非、これから新しい勉強を考えている方は授業見学してください。
どこの学校にもない当校のみの授業です。
現在もモデルのプロとして活躍のデザイナーが授業を担当してます。

image

課外授業


インテリアコーディネーターの基礎科では建築の授業の1カリキュラムで有名建築物を目で見て勉強するという講座があります。
今まで、フランクライト建築の明日館、東京たてもの園等で授業をしてきました。
今年は東京たてもの園。

5月中頃建築の先生、学校のスタッフ、校長と一緒にむさし野にある東京たてもの園を見学。
ちょうど新緑の時期、勉強とリフレッシュを兼ねているような雰囲気の1日でした。
image

メインは日本近代建築の発展に貢献した建築家、前川國男自邸の見学。
建築の先生、ボランティアのガイドさんの説明を聞きながら歴史、こだわり等細かい事を見ることが出来、とても勉強になるものでした。

image

昭和の戦時体制の中、このようなモダンなものが建てられている現実、良く考えられた間取り、納まり、素晴らしいものだと思います。
この建物をみるとル・コルヴィジェの建物が浮かんで来ます。
外観、材料は違いますが住まいの考え方は共通点が多々あります。
コルヴィジェの建物は世界各地にありますが最後に住んでいたFranceの田舎町、カップマルタンにある休暇小屋(ギイビジネスアカデミーでは海外研修旅行で6年前に訪れて見てきたところです 。)
狭い空間ですが考え方が共通しているところが沢山あるのが分かります。
実際に目で見て肌で感じて感覚を磨く事が必要です。
建物園はそのほか、旧洋館建物、豪農の家、店舗の看板建築、
千と千尋の舞台になったようなお風呂屋さん等昭和の初期の建物等、実際に中に入って見ることが出来ます。
先生に説明を受けた後はフリーになり一番好きなところのスケッチ作業。
この日は夕方、閉園迄、それぞれに楽しんだ1日だったと思います。
image

建築、インテリアは実際に目で見て勉強するのが一番です。
素晴らしい空間、建物、店舗、住宅、授業の中にどんどん取り入れて行こうと思っています。
普通では見ることが出来ないものを見せてあげられるのが当校の特徴ですね!
価値のある授業を常に作って行ってます。

私、校長が手掛けた億のリフォームも見学させてます。
これからもどんどん新しい事をフレキシブルに取り入れて行くつもりです。

2016年に思う❗


2016年が始まりました。
皆さん、どんなお正月をお迎えでしたか?

今年はどんな年になるのか?いつも期待と不安が重なっています。
でも、期待を持ってのスタートにすることが大切。
良い事を思ってるとその様に動いて行きますものね❗

昨年末に卒業生、在校生、先生方との恒例のChristmaspartyをワインレストランで行い
皆さんと楽しい時間、いろいろな話で盛り上がった様です。
image

image

今年は1/9よりスタート、気分も新たに今年も始まりました。
今年も学校はよりレベルアップをして、生徒さんにとって良いものをフレキシブルに
取り入れて授業を進めて行きたいと思っています。

枠にとらわれない、その方の個性を伸ばせる授業、進路を一緒に
見つけて行けたら思っています。

image
これからもインテリアビジネスアカデミーはエレガントなコーディネーターを
養成して行きます。
(海外はエレガントの意味は全てに最高なものの事)
卒業生で今、Parisに留学している方からParisの街の
写真を送って来ました。

image
今、Parisは不安な日々だと思います。
しかしやはりParisは素敵❗何気ないお店のディスプレイも
素敵です。
花を生かす方法は素晴らしいです。

image
早く素敵なParisに戻って欲しいですね。

image

家具ショールーム見学会


10/3 素晴らしい晴天の中、河口湖にあるアルフレックスJapanのカーサミアへ向かいました。
前日は凄い雨だったとか、恵まれていました。

ゆったりとしたバスで約2時間のバス旅。
カーサミアへ到着後、アルフレックスJapanの成り立ちからこれまでの歴史、家具の説明のブレゼンテーション。
私も歴史までは知らなく、とても良い勉強になりました。
image
その後、ランチ!
ショールームの素晴らしい家具の中で、数人づつに別れてのランチ。
ショールーム全体がレストランになってます。

お弁当の他にショールームの方の手作りのクラムチャウダー迄頂き、とても美味しかったです。
image
お料理もインテリアの内ですね。

ランチ後は敷地内にある3棟のモデルハウスを見学。
そのなかに配置されたアルフレックスの家具を体を使って良さを感じる様になっています。

これだけの施設を持って素晴らしい家具の提案、やはり使ってみることで他との違いを感じる差別化。
素晴らしい考えで運営されている会社を実感しました。
image
モデルハウスも28年前に建てられたそうですが中のレイアウト、設計、インテリアの素晴らしさ、今直ぐでも住みたい気持ちにさせられるものです。
魅力ある空間です。
image
3棟のモデルハウスは緑の中に建っており移動は森林の中を石畳、坂を歩いて回る、これも森林浴で気分もリフレッシュ出来、楽しいものです。

その後、ひと休みしバスで新宿迄。

本当に今回の研修は学校の授業の一環として参加させて頂きましたが素晴らしい研修が出来たと思っています。

アルフレックスJapanの方には無理にお願いしましたがこころよく参加させて頂きとても感謝しています。
今後もこのような企画が有れば生徒さんを実際に勉強として参加して行きたいと思っています。

少人数学校の良さではないかなと思っています。
皆さんへ感謝です。

image

9月入学式


先日、今年度の入学式を行いました。

今年度は特別として9月入学の形をとりました。
試験的ですが良いようであれば来年も4月、9月の形をとって行きたいと思っております。

9/12は入学式、19日から一年間の基礎科の始まり。
少人数の学校の良さである一人一人それぞれの良さを生かし卒業してもらう一年間の授業です。
9/12はオリエンテーション、これから一年間の内容等の説明、その後
生徒さん、先生方、卒業生と皆さんでイタリア料理のレストランでお食事
和やかな雰囲気のなか皆さんとコミュニケーションもとれこれからの一年間に夢の実現も見えたのではないかと思います。
image

次回から皆さんと一緒に頑張りましょう❗
image


先月末リニューアルオープンしたサンゲツのショールームに行ってきました。

行き慣れた六本木のショールームから品川への移転で、調べたいこともありつつ、どんな感じか見に行きました。

イメージ提案をメインのラインに配置したり、大きくそれぞれ違うデザインのペンダントライトが目を惹きました。
image

image

width=”2592″ height=”1936″ class=”aligncenter size-full wp-image-564″ />
image

見た目展示が重視のせいか、サンプルコーナーはライブラリーのようにずらーっと向かい合いで長い列の展示になっており、混んでいる時にはぶつかりあって見づらかったり、探しずらい感じもしましたが、クロスを抜き取ってカーテン生地と重ね合わせてコーディネートを試したりもできるようです。

まだオープンしたてでこれから改善されていく面もあると思いますが、私達コーディネーターには欠かせないショールームなので、見た目➕使いやすさやサービス対応面もアップになると良いなと思います。
image

image

新学期


梅雨明けも近いようですね。
暑い暑い夏が来ますね。
今年の夏の暑さはどうなんでしょう?
しっかり体調管理して夏を乗りきりましょう❗

学校はこれから例年通り夏休み前の夏の納涼会を企画、計画中。
8月始めに卒業生、現生徒さん、先生と一緒に納涼会の予定です。
image

学校のこれからの予定は9月よりインテリアコーディネーター基礎科が始まります。
今年は開講を4月から9月に延ばしました。
既に入学者希望者もおり海外の学校と同じように9月新学期と致しました。

image

当校の特徴である少人数の講座なので人数に制限は有りますが、まだお申し込みは大丈夫です。
来年の4月迄待てない❗直ぐ勉強したい、と思われている方はお問い合わせくださいね。
image

今、’giy style’というブログを製作中。
インテリアだけでなくファッション、カラー、ガーデニング、食材、器、トレンド等、私たちを取り巻くすべてのもの、新しいもの、楽しいもの、素敵なものの情報発信をしていきたいと思っています。
Parisに留学している卒業生の新しい素敵な情報も流して行きます。

発信出来る用意が出来ましたらホームページでお知らせいたします。
楽しみにしていて下さい。
9月よりの新しい、魅力のあるインテリアビジネスアカデミーを
みてく下さい。
無料セミナー、体験セミナーも秋より始めます。ご参加下さいね。

image

インテリアデコレータープレゼンテーション


先日(4月始)、インテリアデコレーター講座6期生の最終作品のプレゼンテーションを行いました。
このデコレーター講座は現時点では当校だけのオリジナル講座です。
デコレーターというように飾る事を楽しむ!
感性を引きだし磨きながら存分に生かせる、楽しい講座です。
単に感性を磨くのではなく計画的に引き出していく方法です。
アメリカ、ヨーロッパではプロとしての意識が高い職業です。
インテリアコーディネーターの上級クラスと思って頂けたら良いと思います。
商業空間、公共空間のデコレーションは勿論、住まい迄幅広いNowhawを必要とするものです。
この講座では住宅のモデルルームをコーディネート、提案。
プレゼンテーションはデペロッパーのプロの方々に向けてのものとなります。
image

まわりのり立地、環境をリサーチ、ターゲット、コンセプト等を設定、マーケティングもしっかり学び、売れる、求められるモデルルームを作ることを目的としています。

この流れを授業で行い、イメージ、ターゲットを4パターン作成。
そのなかのメインとなる1つを設計変更からエレメント計画、デコレーションでより魅力ある空間を提案。
プレゼンテーションもプロが相手、細部迄質問があるので話し方の勉強にもなると思います。
いかに良く見せるか?より多くの人に受け入れられるか問われるコーディネーションです。
これからオリンピックに向けてマンション、公共施設等、建築ラッシュになるでしょう。
プロが必要となるときが来ます。
image

今回は人数も少なく個人授業形式で授業が進みました。
作品もとても完成度の高いものが出来直ぐにでもプロとして活躍出来ると思います。
image

今期は7月頃から始まります。
インテリアの面白さ、楽しさ、人に喜びを与える、飾る事など素晴らしい魅力ある新しい職業になるのでは、と思います。
image

image

授業の面白さ


インテリアコーディネーター基礎科の特別授業の一部を紹介いたします。

先日、3/28 朝から教室を飛び出しキッチンのショールーム見学に参加、
桜がとても綺麗な一日でした。

このスケジュールは当校の以前からの知り合いの建築家の方が企画したものに参加させて頂きまました。
男性の建築家ですがお料理するのが大好き、パーティを企画するなど食へのこだわりがとても強い方、
その方がキッチンの使い勝手等、建築家の立場から、料理が好きな立場からいろいろ教えて頂ける、
これは勉強になると思い生徒さんを連れて参加しました。
1日で有名キッチンメーカー、3社を回り、それぞれの担当者からそれぞれのキッチンの特徴をお聞きし+α 建築家の意見を入れて頂きとても勉強になりました。

キッチンのシンクの素材やら換気扇に自動洗浄機能か付いたものまで新しい物にびっくりです。
これからインテリア、建築を志す方にはキッチンはとても重要なところ。
実際のキッチンを見て触り説明を聞く、生の授業の良さを感じました。

今のキッチンは目まぐるしく進歩しています。
変化が大きいところ、しかし昔のキッチンの良さもあります。
これから実社会に出て仕事をするときに対応出来る能力を付けて頂きたいと
思っています。
当校は常に基本の授業の他にフレキシブルに生徒さんの為になるものは授業に取り入れて行くのが特徴です。
即実践❗❗
出来る人材の育成を心がけております。

昔からの言葉”TIME is money”
今の時代にとってはとても重要な言葉ですね❗

image

image

image